BTMの一口馬主日和

公式情報はキャロットクラブ様より転載の許可を頂いております。

【ファクトゥーラ】まったく伸びず

前走のリプレイを見ているかのようなブービー。それなりのスタートから2番手追走、ペースが上がり出すとついていけずズルズル下がってブービーの位置まで。勝った時のレースからすると考えられない負けっぷりが3戦続いており、メンタル面が心配です。一度リズムが狂った牝馬の難しさはキュイキュイで経験しましたが、その時よりも不振がひどいです。

陣営にはなんとか復活に導いていただければと思います。個人的には距離の問題ではないと思うのですが…

切り替えて来週のクロウエアのデビューを楽しみにしたいと思います。まずは無事にデビューできますように。

19/3/23 吉村厩舎
23日の中山競馬ではまずまずのスタートを切り行く馬を行かせて2、3番手を進む。ロスなく進み後半勝負へ挑もうとしたが、ペースが上がり出すと手応えが怪しくなり、直線でも盛り返すことができず8着。「前回までの競馬を踏まえて、違った形、そしてスムーズさを求めた競馬をしたいと考えていました。先頭に立つくらいのスタートを切りましたが、外から主張した馬がいたのでそこだけ少し引き、前を見ながら進める形にしました。周りに馬がいる形ではあったものの気を遣うほどタイトな距離ではなかったですし、前半のリズムは悪くないと思えたんです。しかし、ペースが上がり出すと対応しきれませんでしたね…。馬場などもそこまで気にならなかったし、距離が長かったのではないかなぁ…という印象を受けました。もちろん今日の競馬だけで決めつけられないとは思うのですが、悪い馬ではないはずなので、なんとかきっかけを掴んでまた頑張ってくれたらと思います。期待に応えられず申し訳ありません」(池添騎手)「ここ数戦の内容がどうもピリッとしなかったので、リズム良く運ぶことで良さを取り戻せないかと考えていました。逃げた馬を行かせた時に少しだけ力みはあったかもしれませんが、そこまでのロスはなかったように思えましたし、前々でスムーズに運べていたように見えました。なんとかそのまま後半で良さを出せればと思っていたものの、ペースが上がり出すとだんだんと浮くような感じでスピードを上げていくことができませんでしたね…。う~ん、ジョッキーが言うように距離が良くなかったのでしょうか…。少しゆとりを持った条件の方がいいかと見ていましたが、前進気勢のある馬なので対応してくれると信じて詰めることも考えてみます。なかなか思うような走りをお見せできず申し訳ありません」(吉村師)初勝利の内容からして2勝目もそこまで遠くないうちに挙げられるのではないかと見ていたのですが、その後は苦戦続きの状況にあります。悩ましいですが、試行錯誤を繰り返して何とか輝きを取り戻したいものです。この後についてはレース後の状態をよく確認したうえでどうしていくか改めて検討していきます。

3週連続出走か

クロウエア界隈が俄かに盛り上がってきました。デビュー予定がようやく具体的になったこと、そして今日の追い切りがすこぶるよかったことから世代最安値のトーセンホマレボシ産駒に対する期待が高まってきています。

netkeibaの記事より抜粋

今の3歳未勝利には未出走馬が出てくるケースも多々あるが、それでも十分通用すると思わせる走りを見せたのがクロウエア(栗東羽月友彦厩舎)。3頭併せだったが、最後の直線で追い出されると、他2頭を置き去りにする伸び。時計は6F84.0秒と平凡に思えるが、併せ馬でしっかり動けた点が評価できる。

31日の阪神マイルでデビュー予定とのことですが、せっかくの阪神デビューなのに応援に行けないという罠…これだけは残念ですが早くデビューするに越したことはないので、思ったより早いデビュー予定がでて嬉しい限りです。

個人的にも今週はミモザ賞にファクトゥーラ、来週はクロウエアがデビュー予定、再来週はグロオルロージュがひめさゆり賞と3週連続出走予定で盛り上がってきています。全部勝ってほしいところですが、控えめに2勝ってとこですかね。(笑)

正直、ファクトゥーラが前走の敗因からしてよくわからないので懐疑的。クロウエア、グロオルロージュは相手関係がまだわかりませんがなんとなくやってくれそうな期待感があります。まずは今週のファクトゥーラ、いい流れをつくってくれたらと思います。

【愛馬近況】

■メサルティム

少し疲れが出たとのことでペースダウン。時間はあっという間に過ぎてしまうので、そろそろ目標定めて動きがほしいところ。早く牝馬重賞戦線で活躍する姿が見たい。(願望)

■ファクトゥーラ

次走はミモザ賞を予定。関西では同日に同じ牝馬限定の君子蘭賞があるのですが、これはリャスナとの使い分けか。相変わらずしがらきでも動きはよかったようで、ここ2戦の惨敗はやはり不可解。リフレッシュしてくれてたらよいが…

■グロオルロージュ

3月に出走できそうと言っていたのに、今日の更新では次走は4月とのこと。個人的にはスプリングSでワンチャン狙って欲しかったなあ。ダイワメジャーが3着になった時くらいの感触はあります。4月となると山藤賞でしょうか。密かに期待しているんです。

■クロウエア

入厩してからゲート合格までは順調だったんですが、軽い打撲でこちらも小休止。残された時間も長くはないので、悠長なことは言ってられません。無事デビューを願います。

 

ここ最近は全体的にパッとしないですね。2歳勢のコメントも微妙だったので気分は薄曇りです。2月は出走なし。3月はファクトゥーラのミモザ賞とクロウエアのデビュー戦があるかどうかといったところ。春の訪れとともに晴れやかな気分になれたらいいですね。(花粉は厄介)

【キャロット】馬名決定

この前も言いましたが、残念ながら今年も採用されませんでした。英語以外の名前が多く、フランス語とかイタリア語、ドイツ語も検討しないと採用は難しい時代に。私の出資馬4頭は以下の通り。応募馬名は次回以降も使う可能性があるため公表しませんので、あしからず。

 

パラダイスコーブの17

⇨ラルワースコーヴ

Lulworth Cove(英語)

世界自然遺産ジュラシックコーストの絶景の入江。母名より連想

ラルワースコーブってイギリスなんですね。パラダイスコーブはハワイなのでハワイからの関連で攻めたんですがダメでした。お母さんと違いコー「ヴ」なのがキャロットらしい。しかし後ほどでてくる他の出資馬を含め母名の一部を継承する、いわゆるベタな名前が多かったのが想定外というか作戦ミス。入江縛りならたどり着かなくはない名前。語感含めてまあ納得です。しかし我が愛馬のラ行の多さよ。

ユールフェストの17

⇨ユールファーナ

Julstjarna(スウェーデン語)

クリスマスに飾られる星のオーナメント。母名より連想

これはお見事、正解感がすごい。私はユールフェストからオーストラリアにこだわりすぎたのが敗因。しかしどうやったらスウェーデン語にたどり着けるの…

タイトルパートの17

⇨リーディングパート

Leading Part(英語)

主役。母名より連想

超ベタ。母名の「パート」を残したのが良かったんでしょう。これはたくさん命名者がいそうな気がします。私はハービンジャーに「前兆」とか「先駆け」という意味があることに今更気づいて母名とこねくり回し、自己満に終わってしまいました。

ディメンティカタの17

⇨レミニシェンザ

Reminiscenza(伊語)

回顧、追憶、想い出(伊)。忘れられないように願って。母名より連想

やっぱりイタリア語かー。忘れな草のイタリア語とかも考えたのですが語感がイマイチでイタリア語は断念。初めは覚えるのに苦労しそうですが、そのうち慣れるでしょう。

 

採用されなかったのは残念でしたが、全体的には納得の結果です。採用された皆様、おめでとうございます!

 

【クロウエア】ゲート合格!

6日に入厩してからゲート合格まではスムーズにきました。あとはどこでデビューできるか。時期的に新馬戦は厳しいのが残念ですが、未勝利戦で既走馬相手にデビュー勝ちというのも遅れてきた大物感があっていい。

19/2/15 羽月厩舎
15日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ここまで順調にゲート練習を進めてきて、ほぼ合格レベルに達したことから、今朝試験を受けました。2回とも特に気になる点はなく、無事合格することができました。この後については疲れが出ないかなどしっかり見極めてから決めていければと思います」(羽月師)

キャロットの馬名決定についてはまた今度書こうと思います。残念ながら採用はされませんでした。

【クロウエア】次こそは無事デビューを

先週クロウエアが帰厩したことで、久々に全馬外厩状態から解放。とはいえ、クロウエアもゲート試験からなのでデビューはまだ先でしょう。芝でこその評価ですし新馬戦でのデビューは難しいかもしれませんが、ここからは順調に、無事デビューまでいってほしいと思います。

2月は愛馬の出走はなさそうです。(暇)具体的な予定はまったく立ってませんが、次は3月のグロオルロージュかな?暖かくなってからでいいので、全馬元気な姿を見せてくれたらと思います。

今週はキャロットの馬名発表を楽しみに過ごそうと思います。採用されてますように!

確定申告

2018年はメサルティムが頑張ってくれたので、初めて出資返戻可能額を超えて利益分配額が発生しました。つまり、源泉徴収額の還付を受けるために確定申告が必要ということです。

愛馬の活躍に感謝をしながら確定申告をするのも乙なものです。来年もまた確定申告ができるように各馬の活躍を祈ります。