BTMの一口馬主日和

公式情報はキャロットクラブ様より転載の許可を頂いております。

【スターズインヘヴン】金沢競馬が本線

8/23 田村厩舎
23日は美浦坂路で追い切りました(53秒8-39秒9-25秒7-12秒4)。「先週は川崎の交流に申し込んで選出されませんでしたが、新潟出走を考えつつ交流戦も諦めずに再び日曜日に申し込みを行いました。いくつかあったなかで金沢の交流戦に申し込んだところ今回は選出されました。距離は1500mになりますが、中央で戦うのと交流戦では、おそらく後者のほうが相手関係は魅力的でしょう。新潟以上に長い輸送はつきまといますので状態がポイントになりますが、できれば交流戦へ向かう方向で考えたいと思っていました。それで今朝追い切りをかけました。坂路2本で4ハロン54秒を切り、終い1ハロン12秒4でまとめてきました。しっかりとした脚取りで駆けていまして、またポイントになる馬体も維持できているように見えるので、これならという気はしています。この後の様子をよく確認して金沢へ行けると思えれば行きます。その場合は成長株で、地元の調教師さんのお墨付きの評価を受けている青柳正義ジョッキーに依頼をかけようかと考えています」(田村師)今のところ29日の金沢競馬(金沢巌門賞・ダ1500m)に青柳騎手で出走を予定しています。

 

相手関係がいい金沢に行ったらブレイブウォリアーがいたなり。。。

正直地方のパワーを要するであろうダートだと、分が悪い気がします。輸送が長いのもあんまりなあ…それでも田村先生がチョイスした最善策であるなら結果を信じて待つしかないですね。

【キャロット】厩舎、写真、動画!

帰りの電車でいつも通りキャロットのHPにログイン、予定通りpdfを発見し、厩舎と写真をチェック。動画は帰宅後の楽しみににとっておく。

帰宅後、温めておいた動画を一通り流し見る。

結果、よくわからなくなった。。。

 

いつも写真や動画は参考程度、マイナス要素があれば消す、という使い方しかできていないのですが、今年はあまりにも差別化できなくて戸惑ってます。

結局測尺を見るまで決められないですね。数字という明確な尺度が大きな判断材料といういかにも素人。

 

動画を見た感想

コンカランとキューはデカイ

・いいなと思ったらネオイリュージョン(ワークフォースで1000万。。。)

 

それでも今年は全頭の印象を記録して、数年後に答え合わせをしようと思います。

 

 

【スターズインヘヴン】金沢競馬!?

8/20 田村厩舎
29日の金沢競馬(能登巌門賞・ダ1500m)に登録し、選出されました。状態を見ながら出走を検討していきます。

 

川崎がダメだったので新潟本線ということでしたが、一転金沢競馬という選択肢が出てきました。確勝を期すなら地方交流という選択肢もありと思います。が、同じキャロットのブレイブウォリアーも登録してるんですね。金沢に行ってまで戦うには強敵なので、これなら新潟でもいいかも…と思います。出走するかも含めて注目ですね。

【新馬戦】オルフェーヴル産駒連勝

今日は小倉と新潟でサンデーRのオルフェーヴル産駒が勝利、札幌はモーリスの全弟ルーカスが完勝と3場とも見処のある新馬戦でした。

キャロット募集直前にオルフェーヴル産駒が勝ち上がり、皆さんますます頭を悩ませているのではないでしょうか。ただでさえステルヴィオ、トゥザフロンティアの活躍を織り込み、ロードカナロア産駒の価格が高騰気味、相対的にオルフェーヴル産駒に割安感があったところ、ここにきてのオルフェーヴル産駒の活躍、割安感に拍車がかかったのではないでしょうか。オルフェーヴル人気⬆️、ロードカナロア人気⬇️もあり得ると思います。

そんなこととはあまり関係なさそうな、ビキニブロンドの2016の異常な安さ…

とにもかくにも馬体、動きを早く見たいですね!連休が終わってしまう悲しさは大きいですが、22日の写真、動画の公開を楽しみに今週を過ごしましょうか。

【未勝利戦】連闘で

今日は小倉でトルネードアレイ、キラーコンテンツと良血クラブ馬が連闘で勝利をモノにしましたね。どちらも藤原厩舎で鞍上デムーロ。この時期に未勝利にいていい馬ではないと思いますが、連闘でデムーロを配して狙い通り勝ち切ったところに陣営の意地を感じました。

それに比して、パルフェクォーツ…こちらも鞍上ルメールですが、なかなか難しいですね。

一口生活を初めて実感しますが、この時期の未勝利戦の熱さはたまらんですね。スターズインヘヴンにはなんとか勝ち上がってほしい、切に願います。

【メサルティム】ゲート試験合格

8/18 荒川厩舎
18日はゲート試験を受け、無事合格しました。「木曜日の練習で枠入りも駐立もだいぶ落ち着いて対応できるようになっていたので、今朝試しに試験を受けてみました。発馬はまずまずというところですが、全体的には問題なくこなしてくれて、無事合格することができましたよ。この後については、乗りながら馬の状態を見て考えていきます」(佐藤助手)

本格的なゲート練習は2日くらいしかしてないと思いますが、ゲート試験を合格してくれました。まずは第一関門突破!サクッとゲートをパスできたのも、本馬のセンスの良さなんだと思います。身体は小さいですがそのセンスの良さでまずはデビュー勝ちを期待します。

【スターズインヘヴン】次は新潟

8/17 田村厩舎
16日は軽めの調整を行いました。17日は美浦坂路で追い切りました(55秒5-41秒6-28秒1-13秒4)。「山元トレセンで何とか体を膨らましながら体調を整えてもらっていました。中間に牝馬特有のフケを見せたことがあったので落ち着くのを待ち、なおかつ体調が安定して来たら入れると牧場に伝えてあったんです。それで先週末に大丈夫だろうと判断して入れさせていただきました。カイバ食いがポイントになりますが、今回はいくらか食べられていて、体を減らし過ぎずに来ています。ただし、調教を進めてストレスがかかってくるとどうしても苦しくなってきますから、何とか維持して競馬へ向かえるようにしたいですね。選択肢を増やすために先週末締め切りの川崎の交流戦へ登録させていただいたのですが、残念ながら申し込み頭数がかなり多くて選ばれませんでした。それなので基本的には新潟を本線に考えていくことになるでしょう。調教ですが、今朝坂路2本で時計を出しています。1本目が4ハロン65秒、2本目が55秒5。雨で湿って馬場が重いので、乗り手にはあまりやりすぎなくていいからなと伝えておいたのですが、行きっぷりが良くて2頭併せを楽に先着する格好で駆け上がってきましたね。この動きの良さをレースへつなげていければと考えています。現時点で出走のタイミングを決められませんけれど、今後の状況如何で判断させてください」(田村師)

育成初期にキツメの捻挫で頓挫したスターズインヘヴン、この時期に未勝利と厳しい状況です。キュイキュイは一勝しているとはいえ、デビュー直後に疝痛、そして最近はスクミにより予定白紙ということで、改めて順調にいくことの難しさを感じています。

スターズインヘヴンは成長途上、まだよくなると田村先生も同じ思いでいてくれてると思います。我々出資者は祈ることしかできないのが歯がゆいですが、なんとか出走にこぎつけてほしいですね。